水分補給で便秘が直る

watt7女性に多い便秘の悩み。私も例がなく便秘です。お腹が張ってとっても苦しくて、ん!?来た!と思ってトイレに行く。しかし、あれ?うさぎさん?なんてことは日常茶飯事です。
小さいころから便秘で、小学生のときなんかは苦しくて苦しくて、よくトイレで泣きながら助けをもとめたものです。助けを求めたところで、助けてくれるのは母ではなく、母の手に握られた浣腸だったんですけどね。今思い出してもあの時の苦しみと、切なさったら無いです。
大人になったいまも3日出ていないなんていうのは普通のことで、トイレにこもって小学生のころと変わらず苦しむ日々です。わたしの父は出るんじゃない、出すんだと言っては毎朝トイレで戦っていました。ですが無理やり出すのもよくないらしく、父は痔持ちでした。

便秘改善のために食べたものは、ごぼう、キャベツなど食物繊維の多いものです。ですが、これはあまり効果がありませんでした。
ですが、たまに便通がある日が連続することがあります。そんなときは、体も軽いしお肌の調子も良くて絶好調です。どうして便通が良くなったのか、便通のあった日のことを振り返ってみました。
快便だった数日によく取っていたものは、多めの水分とご飯です。女性はダイエット目的で炭水化物を取らないようにする人が多いますが、便秘ではないでしょうか。実はご飯(米)は腸で便を運ぶ役割をするらしいのです。ダイエットも大事ですが、便秘予防のために毎日意識して、できるだけご飯と水分を取るように心がけています。

体重が増える便秘とシリアル類

siriaaru5数日間便が出なかったためにお腹がスッキリとしなくて重く硬い感じで、下っ腹もいつも以上にぽっこりと出てしまい、ぽっこりと出てしまった下っ腹を隠すためにも常に意識してお腹をへっこませていました。
けれど何をしていてもお腹の中にちょっとした苦しさがあり、体を動かしたあとでもスッキリとしなくて気付いたらまた便秘のことを思い出したり、体重も増えてしまい、デニムの上に贅肉がのってしまう悩みもありました。
便秘が続くと自分の中での気持ちにも余裕を持てなくなってしまい、苛々としたりスッキリしないことがストレスとなり、そのストレスを解消するために好きなものをたくさん食べてしまってさらに体重が増えたりとマイナスなことばかりでした。

便秘を予防するためには食物繊維が含まれている食べ物を食べるといいと聞いたことがあるので、低カロリーで栄養もたくさん含まれている野菜を食べたいと思います。野菜ならたくさん食べてもカロリーは低くのでダイエット中にもぴったりですし、手軽に摂ることもできて効果が一番あると思うからです。
また、その他にも乳酸菌の含まれているヨーグルトなどを食べて腸を刺激してあげることによって便秘を予防することもできそうだし、免疫を高めるためにも毎日の食事に取り入れたいです。
小腹が空いた時のおやつでも、ただの甘くて美味しい栄養も全くなっていものではなく、食物繊維の含まれているクッキーやシリアルなどのお菓子を積極的に食べたいと思います。

フルグラはおいしいのですが食物繊維がたくさん入っているようなのにあまり効果が高くないように思います。便秘解消のためというよりおしゃれにおいしいから食べるという感じですよね。
オールブランは食物繊維がダントツに多いのですがこれは必死になって食べるという感じ。あまり好きな味ではありません。あまりに必死に食べていると気分が悪くなるのでこれは私には向いていないようでした。

ゴボウ、サツマイモ、レンコンで便秘をなおす

若いころは常に便秘ぎみだったように思います。とくに中学生から大学生の間がいちばんひどかったです。毎日出ないのは当たり前でした。特に生理の周期で調子が狂いました。生理前には便秘になり、3日4日出ないこともありました。生理が始まると逆にお腹が緩くなり、生理痛と合わさってかなり苦痛でした。
社会人になってからは仕事のストレスも影響しました。合宿の講習などはてきめんに便秘しました。最長7日出なかった時にはお腹がパンパンに張って苦しくて、その後も影響がありました。精神的にもそのことが気になって、良くなかったと思います。
社会人10年目頃からは改善してきました。会社生活に慣れてきたのと、生理がすこし軽くなってきたのも関係あるかもしれません。すっかり便秘と縁が切れたと思えたのは40歳くらいになってからやっとです。

個人的に一番良かったと思えるのはヨーグルトです。毎晩摂っています。量は少しですが、毎日継続することが大切だと思っています。家族も毎日ヨーグルトを食べるようになってから、便秘が解消していったと思います。種類は市販の普通のプレーンヨーグルトです。とにかく便秘であってもなくても、毎日続けています。乳酸菌をとるためです。
根菜も積極的に摂っています。ゴボウ、サツマイモ、レンコンなどです。これらも一度に摂るのではなく、一年を通して少しづつでも途切れなく摂ります。葉物より根菜が良いように思います。豆類も主に煮豆として食べています。
果物もいいと思います。バナナは特に、ヨーグルトとの相性もいいのでお薦めだと思います。ジュースにしても摂りやすいです。同じようにリンゴもいいです。どちらも繊維質が多いのでお腹の掃除になります。あと食物ではありませんが、水分を多めにとるようにしています。以前看護師さんに、水分が足りないと便秘しやすいと教えてもらったことがあるからです。